軽減税率とは、今年の10月1日から実施される予定の消費増税における経過措置のことを言います。

今回の消費増税ではほとんどの商品の消費税率は10%になりますが、飲食料品や新聞は8%にすえ置きます。

「低所得者へ経済的な配慮をする」という目的のもとで進められている措置で、具体的には、所得に関係なく一律の割合で納める必要のある消費税について、生活する上で必須となる食料品などの税率を低くするというものです。

例えばスーパーマーケットの場合、消費税率8%のままの商品と10%の商品が並ぶことになります。そのため軽減税率は複数税率とも呼ばれます。

レジの購入代金のうち4分の3は補助金が出ます

軽減税率が導入されることに伴い、レジスターの買い替えをご検討されている方も多いと思います。

軽減税率対応のレジに買い替える際には、国から4分の3が補助金として出ます。これはかなり大きな補助金ですね。古くなっていつ壊れるかわからないレジをお使いの方も、ぜひこの機会に買い替えをお勧めします。

補助金の期限は9月30日

9月30日までに何をしていれば良いのかとい言いますと、中小企業庁ホームページでは、

「店舗への導入あるいは機器等の改修を終え、支払いを完了する日が、「所得税法等の一部を改正する法律」の成立日である2016年3月29日から2019年9月30日までの間に完了していることが必要です。」

と記載されています。

従いまして、9月30日以降に店舗への導入を終えて支払いを完了していれば問題ないわけです。

この、「導入」と「支払い完了」の要件のどちらかが欠けても申請できません。例えば、9月30日までにレジの設置はしたけど、支払いは10月になってしまったとか、逆に支払いは9月30日までに終わったけど、レジの設置は納期が間に合わなくて設置出来なかったとか。このような場合は要件を満たしていないため、補助金は出ない事になります。

支払いについては、9月30日までに支払えば済むことなので問題無いと思いますが、レジの納期についてはメーカー次第なので駆け込みでレジの設置をされる事業者様は納期も確認しておく必要があります。